よく見かけるフレーズ
写真ブログでよく見かけるフレーズがある。

「うまく撮れなかった」

「失敗した」

「ホントは違う」

昔とフイルムと違い、最近はデジタルだから
撮ったその場でしっかりと確認できるはずだ。
液晶の小さな画面での確認は多少わかりづらいが
通常、小さな液晶で見て「ダメ!」と思った写真は大きくするまでもないので削除できる。
また、撮りたい部分がちゃんと写っているかはその場で確認できる。
実際の見た感じと多少違うのは誰が撮っても同じこと。
自分がその場で撮りたいと思ったとおりに撮るのは
最近は凄く簡単なはず。
なのに、失敗したかのようなフレーズが多いのはなぜなんだろ?
クライアントに依頼されたプロじゃないんだから、
失敗って無いはずなんだけどな~~。
その写真が色々な定義から外れていようが
自分がそう撮りたいと思って撮った写真なんだから
自分が満足できればそれで良いと思うんだけど・・・・。

まあ、そういう自分も「イマイチ」ってフレーズをついつい使っちゃうが(爆)

a0071514_18405187.jpg


***************************************
 『ポチッ!』の応援は励みになります。
***************************************
[PR]
by oyazyphoto | 2009-11-14 18:40 | 北海道の自然
<< 雨・・・ いいね~ >>