人気ブログランキング |
 
春爛漫
春爛漫_a0071514_21242072.jpg




メインサイト 「いいっしょ!」に飛騨高山の写真公開中(写真館 さんぽ撮




人気ブログランキングに参加しています。
ポチッ!』と押して応援もらえると嬉しいです。 






普段撮っている写真をブログ等に載せる時、
ピクセル数を減らして画像を小さくする(リサイズ)のが一般的だと思う。
その際の画質の低下は避けて通れないが、
より鮮明に見せるための加工をしなくてはいけない。
ブログ仲間からその方法を教えて欲しいとの要望があったので
ここにも自分の知っている簡単な方法を書いておこう。

フォトショップ等のソフトでは簡単に出来てしまうのだが
高価なソフトなため所持している方が少ない。
が、一応簡単な説明を・・・。

■『イメージ』→『画像解像度』を使い
『画像の再サンプル』と『縦横比を固定』にチェックを入れ
方式は『バイキュービック法』で単位はpixelsにして
好きな大きさのpixels数(大体横が600前後)を入れる■

覚えてしまうとこれが1番簡単かもしれない。

一般の画像編集ソフトではこうはいかない。
小さくリサイズすることで画像を構成する点を間引いてしまう。
そのため写真は輪郭のはっきりしないぼけた写真になってしまう。
これではせっかくの写真が台無しだ。
そこでアンシャープマスクというフィルタ効果をかけることになる。

■キャノンのカメラの付属品のフォトレタッチの場合
「フィルタ」→「シャープ」→「アンシャープマスク」
画面が現れたスライダー(上下に動かすレバー)を使い調整。
パラメータの意味は、上から「量」はシャープの強さ。
数値が大きいほどシャープ効果も強くなる(普段30~60位)
真ん中が「半径」でシャープ処理の対象範囲(シャープ処理をするピクセルの範囲で
す)。
数値が大きいほどシャープ感が強くなる(ここは0~2位)
下が「しきい値」で半径に含まれるピクセルのコントラスト差を指定し、画像内に含まれ
る輪郭ときめの処理を変えたい場合に使う。
(5~10位)■

■ホームページビルダーのウェブアートデザイナー
「ツール」→「効果」で効果パレットが開き、アンシャープマスク。
上から(強度、半径、しきい値)となり、上記説明と同じ■

で、より綺麗な写真にするため、アンシャープマスクの前に
同じ効果パレットの「ぼかし」をかける(値は2~5)と
より一層効果が上がる(理由は省略する(笑))

総画素数を小さくして綺麗に見せる簡単な方法であり、
ブログやメール、HP等に使用するための写真のリサイズです。
参考までに書きましたが、
各々の好きなソフト、方法でチャレンジしてください。
by oyazyphoto | 2007-05-11 21:24 | 羊蹄山
<< つまらないね 春の力 >>