人気ブログランキング |
 
やっぱり好き
富士山によく似た整ったその姿から、郷土富士として蝦夷富士(えぞふじ)とも称される。

明治、大正から昭和にかけて後方羊蹄山(しりべしやま・こうほうようていざん)、マッカリヌプリ、蝦夷富士の呼び名が併存していた。また一部の地図にはマッカリ山(真狩山)の表記も見られた。

陸地測量部の大正9年発行の5万分の1地形図「留寿都」では後方羊蹄山(蝦夷富士)と記載されていた。しかし難読であったことから地元の倶知安町が羊蹄山への変更を求め、国土地理院の昭和44年11月発行の地形図から羊蹄山と書き換えられた。このため現在の羊蹄山の名が定着することとなった。

旧名である後方羊蹄山は、斉明5年(659年)に阿倍比羅夫が郡領を置いたと日本書紀に記されている地名後方羊蹄(しりべし)に由来する(実際に同じ場所を指すかどうかは不明)。なお、後方で「しりへ」と読み、植物のギシギシの漢名である羊蹄を和名で「し」と読む。

アイヌの人々はマッカリヌプリもしくはマチネシリ(雌山)と呼び、南東にある尻別岳(1,107m)をピンネシリ(雄山)と呼んだ。なお尻別岳は後方羊蹄山に対して前方羊蹄山と呼ぶことがある。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


やっぱり好き_a0071514_17471234.jpg


***************************************
 『ポチッ!』の応援は励みになります。
***************************************
by oyazyphoto | 2009-07-19 17:59 | 羊蹄山 | Comments(0)
<< 癒しの空間 最高のシチュエーション >>