人気ブログランキング |
 
2010年 05月 27日 ( 1 )
写真に思う
商用写真などのように、事細かく注文される写真は別にして
構図、露出、ピント等の定番はあるだろうがそんなものは気にせず、
自分が撮りたいように撮ればいい。
だが、撮った写真を見てみると、
心地よくなく感じる写真があるのは、
何かが自分の感性と違うから。
その原因はもちろん撮った本人が一番わかるはず。
全く同じ場所で何人かで写真を撮っても、
それぞれ違う写真になるのは当たり前で感性の違いからそうなる。
それを構図など定番通りに矯正するのは個性をもぎ取ってるのと同じこと。
コピーのような写真は、自分が撮った写真とは言い難い。
テクニック的なことを教えて欲しいと言われるが
そもそも、自分がテクニックを熟知している訳じゃないし
ましてや、その人の感性を潰してしまうような邪魔はしたくない。
例えテクニックがあったとしても、自分は自分の感性で撮る。
だから、教えようがない。
なぜか精神論的はことしか言えない。

「どう感じる? その感じたままを撮ればいい。」

「何が一番心地良く見える? それがフレームに入ればいい」

まったく抽象的でわかりづらい。

だが、写真を撮るって、そんなことでしょ?(爆)

写真に思う_a0071514_1752433.jpg


写真に思う_a0071514_17522387.jpg


写真に思う_a0071514_17524486.jpg


***************************************
 『ポチッ!』の応援は励みになります。
***************************************
by oyazyphoto | 2010-05-27 17:52 | 雑言 | Comments(0)